Ousyu BLOG

学習に役立つ情報やトピックスをお伝えします。

松山東、南、北高合格の生徒たちはいつから塾に通っていたのか???(旺秀塾内調査)

1.いつから塾に通っていた?

中1の4月の授業から志望校合格へ直結!

小6〜中1で塾に通わせるお子さんが多い結果に!!

県立の上位校へ合格した保護者さんの多くは、やはり「中学1年の授業」が重要だと意識されている方が多いと思います。特に勝山中などの教育意識が高い学校では定期テストの問題も難しいので、しっかり点数を取るためには早い段階から準備が必要だと思っている方が多いという結果になりました。

中学生の勉強は中1の内容の応用が中2→中3へとステップアップしていきます。
小学〜中1の内容を基本からしっかりと把握することがその後の高校受験に大きく影響します。特に文章問題や記述問題、応用問題は「慣れ」が必要で、解けるまでに時間も解説も必要となります。特に東、南、北高を目指したいお子さんは文章問題、応用問題の対策を意識してください。
中3からの塾生は既に志望校が決まっており、受験対策や高校入学後の学力向上を目的として入塾しているようです。

簡単でも油断できない4月診断テスト!

スタートダッシュは3・4月!

学校の授業は4月から始まりますが、上位校に合格した生徒さんたちは「4月の診断テストの成績から内申点に影響がある」ことや「中1の内容から授業にしっかりとついて行けるように」と先を見据えて3〜4月から塾に通わせている方が多いです。

次に8・9月が多いのは1学期末テストの結果を見てから「この点では危ない!」と思った方の入塾が多いためです。
中学校生活はたった3年、されど3年です。あっと言う間に学年が進み、受験対策に間に合わない場合も多いです。上位校を狙うには余裕を持って早めに対策を考えましょう。

2.受講科目

これからは国語力が試される

これからは英・数だけではなくて「国語」も!!

最近「国語力」を問われる問題や記述問題も注目されています。しかし実際、家で国語力の対策を行おうとしても何をしていいのかわからない方は多いです。その上、学習塾でも国語をしっかりと指導出来る先生も少ないのが現状です。

しかし旺秀塾では「国語」指導出来る講師が何人もいます。
その影響で受講する塾生が多いのです。

ここ近年愛媛県立高校の国語の問題が難しくなっています。その上、大学入学共通テスト(旧センター試験)でも記述の問題などが入ってくると言われ、国語力を試される内容になっています。特に中学生の勉強で国語は「一番勉強しない」「勉強の仕方がわからない」「点数が上がるのに時間がかかる」科目です。受験では国語力・文章読解、記述力が高得点を取るのに必要な力です。
旺秀塾ではコツコツ時間をかけて中学3年間で高校でも通用する国語力を指導しています。

3.部活・習い事

運動して脳も活性化!

部活動は運動部が14%という結果になりました。運動部は運動後に塾に来ることになるので、部活と勉強とのバランスに気をつけて、文武両道を目指しましょう。
習い事は小学生から継続しているケースが多いです。長く続く習い事はピアノ、英会話、習字、そろばんと昔から根強い人気です。

新学期始まる前が絶好のチャンスです!

このように上位校合格した生徒たちは、中学生の早い時期から学習の習慣と意識をしっかりと持つことで合格を勝ち取っています。
旺秀塾では、個別指導、選抜クラスとお子さんの学習状況や性格に合わせた授業、指導力のある講師陣で確実に点数がアップする状況を整えております。

まずはこの新学期が始まる前からお子さんの学習について考えてみてはいかがでしょうか。旺秀塾では新学期からスタートダッシュが切れる準備を春期講習でご用意しております。
まずはお気軽にご相談ください。

またこの時期の勉強方法についてはこちらで詳しく説明しています。

旺 秀 塾
〒791-8013 愛媛県松山市山越3-6-30 太陽山越ビル101号
HP : http://osyu-jyuku.com
Email : info@osyu-jyuku.com
TEL : 089-995-8805 

関連記事

  1. 2020年の小学生の英語教育について、わかりやすく解説します

カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー